【感想文】夏期講習終了~中3生に感想文をかいてもらいました!

ご覧いただきありがとうございます!
フレンズアップでは、本日の全国模試をもちまして夏期講習会は終了となります!

そして中3生は毎年朝から晩までの一日中勉強プランでしたが、今年は高3生も部分的に加わり、例年より多くの「朝から晩までプラン」のご参加となりました!

朝9:00 朝礼
当日の確認・山根のお話・優先順位の確認
9:20~学習開始
間に授業と自学自習
18:00 終礼
※当日の課題がまだ終わっていない人は残ってできるまでやる

という「終わるまで帰れない」企画です。
そして朝9時に遅刻となった人は、朝礼後に外に立って10分間の挨拶行です。
これも毎年恒例です。
最初の1分間は私も一緒に行います。

そんな夏期講習会でしたが、中3生のみんなには感想文をかいてもらいました。
許可をいただいてご紹介させていただきます。

1夏期講習会前の夏期講習のイメージは?
・とてもハードだと思っていました。
・勉強が好きではないので最悪のイベントだと思っていました。
・朝9時から夕方6時までとかもはや学校以上じゃんと思いました。

2大変だったこと
・家と違って好き勝手できないこと
・課題を終わらせること
・覚えること

3楽しかったこと
・日々のお弁当を塾で食べること
・みんなと散歩
・山根先生の授業
・いままで話したことなかった同級生と話せたこと

4夏期講習前と変わったこと
・意外と集中力がつづくようになった
・9時間ずっと勉強する体験で勉強することに慣れたこと
・最後に模擬の過去問を解いたら点数が上がっていて成長したと思えたこと
・以前なら2時間くらいしか集中できなかったのに、自分にもこんなに長いこと集中できるのだと知って少し感動しています
・今までわからなくて放置していた分野が解けるようになったこと

5先生に一言
今までで一番勉強した意味のある1か月でした。ありがとうございました。
・忙しい中でも分からないところを教えてくれてありがとうございました。学校別に一人ひとりメニューを考えてくれてありがとうございました。
・メニューの作成、無駄がなくてありがたかったです。また個別対応ありがとうございました。
・身についた力を受験で活かせるよう頑張っていきたいと思います。
以上です。

うれしいコメントばかりでした。
感想文にあるように、多くの子が「意外と勉強できる自分」「意外と集中できる自分」に気が付いてくれました。
これは、狙い通りでした。
今年の夏期講習のテーマは

この夏
新しい自分と
出逢う夏

でした。この「新しい自分」というのが、集中できる自分であり、勉強好きな自分であってほしいな
そこに気が付いてほしいなと願っていました。
大変うれしく思います。

またここで「メニュー」という言葉ができてたのでご説明させていただきたいと思います。
フレンズアップでは、数学と理科は年間通して何をするのかのメニュー表がすでにございます。やる分野、出す宿題などすでに記載があります。
これに加えて中3生には夏期講習会で、毎日の宿題・課題をいつまでにどこをやらないといけないのかのメニュー表を作成します。なんと5教科全部です。
しかも、終わったら毎日5教科全部山根がチェックします。そこで分からないところを把握して指導します。時には1時間の個別授業のようなことになるときもあります。

さらにこれとは別に定期テスト前には「対策メニュー表」を作成して2週間何をしないといけないかを指示します。これは中学生全学年行っています。

このメニュー表は毎年修正しながら更新しています。

全国広しといえども、おそらく夏期講習会でここまでできている塾はフレンズアップの1校だけだと思っています。
まずやり方がわかっていてもやらないです。作成が大変すぎます。やる最初の1年目を迎えるまでに準備で数年かかるからです。
できるだけ生徒に無駄なことをさせてないように検証、修正していきながら数年かけて準備します。そして初めてできます。
・見る授業動画もしくはライブ授業のタイトル
・授業プリントの指示
・見た授業の宿題
・それとは別に毎日課題
・チェックテスト
をすべて紙一枚でみるだけでわかるようにします。

さらに、さあメニューをやらせようとしても今度は回らないです。
チェックが超絶に難しいです。
一人ひとり、全範囲を学習させながら分からないところを指導していく。
最初はもう時間が何時間あっても無理だと感じると思います。
これを「先読み」と「生徒の頭の中の完璧な把握」の技術を使用してチェックしていきます。もう持ってくる前に誰がどこがどのように分からないのか各生徒予測していないとこれはできないです。
そうでないとやっていてもただ見ただけの状態となり、生徒の力を上げることはできないからです。

「生徒が一人で解いてできるようになる」

これができないとやらせるだけとなるので、勉強が嫌いになります。
勉強が嫌いになると、勉強しなくなります。
勉強しなくなると、受験には真っ直ぐに向かえません。
これだと本末転倒ですので、ご本人様が「わかるようになった!」「できるようになった!」と思ってもらえることが必要です。

逆に
「わかった」「解けた!」となるとうれしくなります。
うれしくなると、もう少しやってみてもいいかなと思います。
さらに勉強してみるとまたできるので、楽しくなります!
楽しくなると、もっとやるようになって勉強が好きになります!
勉強が好きになると、自然と勉強するようになります。
自分から勉強するするようになると、得点力と成績が上がり受験に有利になります。
受験に有利になってくると余裕ができます。
余裕ができると、自分の人生についても考える時間が取れます。
そして、本当の意味で豊かな人生を送れるようになります。

その仕組みがこの「メニュー表」です。
アピールでした(笑)

ありがとうございました。
2学期も引き続き何卒宜しくお願い申し上げます。

フレンズアップ
山根良友
PS ご入会は「中1生 集団クラス あと1人」のみです。他の学年はすべて個別も含めて満席となっております。
体験授業からスタートできます。中1生がいらっしゃるご家庭の皆様、ご連絡お待ちしております。

前回のブログはこちら
【歴代最高点】今期の入試の結果がすごかった!
https://www.friendsup.jp/blog/1403/