365日自習室「みんがく」はじめました。

フレンズアップでは
「365日自習室」
をオープンいたしました。

「みんがく」という新しいサービスを開始しました。

このサービスの対象者は、中学生と高校生です。
このサービスは簡単にお伝えするとネット上での自習室です。
しかし、ただネット上にいるということでなく、他の人もいますし、管理人もいます。私の感覚的にメタバースのリアル版に近いかもしれません。

取り入れた理由は以下の通りです。

・費用が高すぎない
・ネット上の自習室ですが、管理人がいる(AIではなく実際に人がいます)
・管理人からの応援が個別にある(勉強の前と後)
・ネット上でも誰かが勉強しているのがわかるとやる気がでる
・どの教科をどれくらいやっているのか管理ができる
・やった分だけ、時間がたまり達成感につながる
・いつ勉強しているのか、こちらでも管理できる
・私もネット自習室に入ってみることができる
・手が動いていないと強制退室のシステムがある
・祝日や塾がお休みの日にも、自宅が自習室代わりになる
・特に長期休暇に有効
・学習前に「何をやるのかと目的」学習後に「ふりかえり」を記録することにシステム上なっている

となります。

既にフレンズアップの生徒で一番使用している子は
たった3・4日で20時間
を超えています。
1人ひとりみると、高校生や中3生がよく使用してくれています。

例えば私はゴールデンウイーク休校中の勉強量など長期休暇中の勉強量を把握したいと思っております。
生徒には、勉強するときはとにかく「みんがく」を起動して、記録を残すようにと伝えてあります。

そして使用にあたっては、注意点といいますか学んだことがございます。

4月25日月曜日の導入スタートの日にわざわざみんがくの社長があいさつに来てくれました。そこでおっしゃっていたのは
「みんがくは、どれだけやっていないのかを責めるためのシステムではなく、どれだけやったかを褒めるためのシステムです。ぜひ子どもたちがもっと勉強してみよう、と思ってもらえるような企画やシステムを続けて開発していきますので、皆様ご協力いただき、何かお気づきの点がございましたら是非教えてください。」
とのことでした。

管理アプリではありますが、管理を責める材料にせず、褒めるきっかけにしていきたいと思います。

以上、長くなりましたが、保護者様が引き続き安心してお子さまを見守っていけますように、フレンズアップでも一緒になって応援して参りたいと思います。

ありがとうございました。

フレンズアップ
代表 山根良友
03-5713-1184