入試結果 大奇跡その3

いつもありがとうございます。
今年は大奇跡がなんと3つも起こりました!
その第3弾をご紹介致します。

この生徒は兄弟姉妹生で、他塾さんに通っていましたが、ついに中3の7月、夏期講習会前に入会をご希望いただきました。
ずっと他塾さんで見てきてもらっていますので、時間も含めて伸びしろに制限もかかっていましたし、そこから内申点も入試得点力も上げていかなくてはいけない。
それも結構な距離=1000点満点で130点ほど足りない、という状況でした。
かなりご要望の難易度が高いです。
・実力をつけていく時間がとにかくない
・中3 1学期のテストが終わってしまっていて内申点がほぼ確定してしまっている
・距離が100点くらいならものすごく頑張ればもしかしたら届くかもしれないが、それよりもさらに130点も離れている
・今まで塾には通っていたので、勉強してこなかったわけではない
こうした状況の中でのチャレンジでした。

そして、なんと合格しました!
・実力をつけた
・内申点はそこから最高の2UP
・入試本番までになんと170点アップ!
・夏期講習会や冬期講習会で朝から缶詰でもっと勉強した
こうしたことで合格です!

以下、許可をもらって保護者様とご本人様の体験記を掲載させていただきます。

<保護者様より>

山根先生ご指導ありがとうございました。めでたく合格し感謝しております。
今回の受験は親的にはやや困難な経験でした。

・本人に行きたい高校がない。(都心の学校で近隣駅から通学できることのみが希望)
・当然ながら勉強は好きでない。(内申3少し)
・猛勉強はしたくない、80%の頑張りでいきたい
・性格なのかやる気が表に出ない

 中3の6月に高校入試に危機感(1学期期末テストが大事なのに塾で対策がされていない)を抱いた親が、当時通っていた塾の「今の成績通りに勉強して分相応の高校に進んでください」という指導では成績アップは無理と考え、フレンズアップに半強制的に移動させました。

 新学期は始まっていましたが、長女の高校入試(私学から小山台高校)でお世話になった山根先生に無理やり、「山根先生しか頼る先生はいません」とお願いして何とかフレンズアップに入れていただきました。
 
 フレンズアップに入れていただき少しほっとしましたが、入っただけで問題が解決する訳でなし。前期の状態ですので帰宅すればスマホと漫画、課題は終わったのかと聞くと終わった(最低限の量)とのことでとても受験生のオーラは見られず。V模擬成績も徐々に上がってはいますが、広尾高校にはまだまだ届かずの状態が続きました。
 
 やる気が見られないので途中2回ほど志望校を下げるかと相談しましたが、猛勉強しない割に「志望校は変えない」と意外なほど頑固な返事。勉強しないのに理想だけが高いのではどうにもならないじゃないかと親の気持ち。勉強する時の家の顔とフレンズアップの顔は違うであろうとは想像していましたが、親にはこのままでは危ないのではないかと言われのない不安が漂っていましたので、私立高校に合格した時には本当にほっとしました。(高校浪人は免れた)
 
本人の名誉のために付け加えると、結局親が思っていたよりは勉強していた、親が思っていたよりは頭が良かったということのようです。広尾高校の合格発表を眺めると10人に合格が3-5人という印象なのでかなり熾烈な戦いだったことが伺えます。よくぞ勝ち残ったと褒めてあげたいです。
 山根先生に頼って本当に良かった、やはり頼りがいがあった(困った時には山根先生)。文系担当の先生にも超多忙中面倒見ていただき本当にありがたかったです。フレンズアップの更なるご発展を祈念しています。

以上ここまで。
ありがとうございます。困ったときは山根先生、には思わず笑ってしまいましたが、そうして頼りにしていただいて本当に有難く存じます。
ご本人様、本当によく伸びました。入試本番で過去最高点は見事でした。本番は倍率が約2倍で本当に熾烈でした。都立入試の2倍は中学入試の20倍までいきませんが、かなり高倍率です。内申点=持ち点が決まっていて、その上で自分の取れる点数もある程度分かっている人たちでの戦いになるので、もう群雄割拠です。誰が合格しても誰が不合格となってもおかしくない中での2倍です。運の要素も出てきます。よく合格しました。本人の頑張り、ご家庭の応援の力ですね。

次はご本人様からいただいた体験記です。

①今の気持ち(率直にありのままに)

・僕は最初フレンズアップに入会したときは都立広尾高校に入学するには130点ほど足りませんでした。しかし、入試本番では、+40点をとることが出来て、自分でもすごく驚きました。

②合格した秘訣(自分では何がよかったと思いますか)

・僕は高校に入学するためには自分を変えようと思い、もともと入っていた塾をやめてフレンズアップに入会しました。山根先生と文系担当の先生に出会って一つ一つ全力でやることを学んで、毎日コツコツ英語の単語を覚えるようにしていき、広尾高校に入学することが出来ました。

③塾で思い出となっていること(大変だったこと・楽しかったこと)

・僕はもともと通っていた塾からフレンズアップに変えて、急に勉強する時間が増えたうえに宿題が沢山増えました。だから最初はすごく大変だったけれど、山根先生が元気に授業をされたり、夏期講習や冬期講習の息抜きで散歩に行ったりして大変より楽しい気分になることが多かったと思います。

④フレンズアップに来て学べたこと

フレンズアップではメリハリのある授業をしてくれて、ダラダラ時間だけが過ぎていく勉強ではなく効率的な時間の使い方など勉強面だけではない社会的なことも学べて、今後に生かせることを教えてくれます。

⑤各担当の先生方に一言

・山根先生:僕は山根先生に会って精神的に成長出来ました。気分があまり乗らないときでもとりあえず行ってみたらいっつも笑顔で挨拶をしてくれて、帰るときも手を振ってくれたりしました。休むことなくやってこれたことを先生には感謝しています。
文系担当の先生:僕は先生には優しく接してもらい、時間が夜遅くになっても最後まで丁寧に教えてくれて高校に入学出来ました。ありがとうございました。

以上となります。
嬉しいコメントたくさんいただきました。
生徒が自分と向き合って成長していってくれること、本当にありがたくそして尊敬します。
なかなかできないことです。

今年の受験もたくさん子どもたちから学ばせていただきました。
生徒から生きがいをもらっています。
生徒がいてくれるから、来てくれるから、大好きな授業ができます。
授業しても聞いてくれるから、ありがたいです。

たくさんたくさん教えてもらいました。
ありがとうございました。

本年度も引き続き努力精進してまいります。

Friends UP
代表 山根良友