【入試速報】大奇跡起きました!

【保護者様から頂いた声を追記しました】2022.4.3

いつもありがとうございます!

なんと今年は小山台高校に2名合格です!

大奇跡が起きました。
そのうちの1人の子です。

中2の10月 1学期内申30 からの小山台高校を目指す。

最初の面談で
「めちゃくちゃなご要望です。」
とお伝えさせていただきました。
もうあと1年半もないからです。
そしてなんといっても「小山台高校」です。
女子なら内申はオール5でも珍しくありません。

ご家庭・ご本人様も
こんなこといって塾に入れてもらえるかな
と思っていたそうです。

そこを、しっかり認識してくれていました。
だから受けました。
面談を通して、すでに可能性がありました。

「おそらくうちにしかできないことです。やりましょう。」

そうしてスタートしました。

その後
中3 1学期 9科学年1位!
中3 2学期 中間 5科学年2位!
内申12UP!(ほぼオール3からほぼオール5へ)
数学の偏差値70!(偏差値17UP)
社会の偏差値 30UP!
5科目偏差値13UP!
入試本番まで1000点満点で 中37月から驚異の218点UP!
入試本番 理科100点!

そして 小山台高校 合格!

やりました!
フレンズアップ史上、数々の伝説を作ってくれました。

本人の感想の抜粋です。

大変だったのは、11月ごろです。定期テストやVもぎ、学園祭など様々なことがあった月だからです。

定期テストの課題、塾の課題、行事の仕事などが重なり、課題をするために夜遅くまで起きていたり、あまり良い出来にならなかったりとストレスがたまり、さらにVもぎの結果がC判定でした。

しかし、その中でもやはりフレンズアップの授業が楽しかったので、それを乗り越えることができました。週3回通うのがとても楽しかったです。特に理科の水圧の授業は面白かったです。

感想ここまで
うれしいです。水圧の授業は、中3に移行してきて本格的に始めてやったところでした。風船をつかって、何時間も授業準備して、最高のものができたと思っています。
それを覚えてくれていて本当にうれしいです。みんな笑ってくれていましたね。
また葛藤があってそれをしっかり見つめて乗り越えてきたことが伝わってきました。
すごいです。
「すべてを善き友とし、成長しよう」
のフレンズアップ精神がしっかり刻まれていますね。本当に誇りに思います。

入試速報でした。

ありがとうございました。
やりました。
やってくれました。
すごかったです。
感謝です。
結果もすごいですが、心を向けてくれて頑張ってくれたことに本当に感謝です。

フレンズアップの生徒はみんなしっかり心をこっちに向けてくれます。
こんなにうれしいことはありません。
ただただ感謝です。

いつもありがとうございます。

フレンズアップ
山根良友
03-5713-1184

【追記】保護者様からいただいたお声 2022.4.3
※許可をいただいてご掲載させていただきます。

①塾に通う前の問題点やご要望は何でしたか

 塾を拒み続けていたため、学力はもとより勉強の習慣すらなかったためです。その状態の中学2年生2学期に小山台を合格射程圏内にしてほしいという無謀な要望でした。

②塾に通う前と後ではお子さまの何が変わられましたか

何をどう勉強したら良いかという迷いがなくなったように思います。苦手な科目を嫌いと言わなくなりました。勉強の事のみならず、将来の事や社会の事にも関心をもって話をする事が多くなりました。

③フレンズアップと他塾さんとの違いは何だと思いますか
 
先生の熱意が違います。
教える側として学習に役立つものを取り入れる探求心には驚かされました。NOCC教育検査のようなIT技術を取り入れた検査を使用し、経験からだけではなく科学的な根拠も用いた指導をしてくださいます。学習に役立つ情報に対してアンテナを常に張っているのを感じます。家での様子も気にかけてくれて、保護者の相談にものってくれました。思春期の受験生という難しい時期でも成績を上げ続けられたのは、先生の生徒に対する真摯な姿勢や様々なアドバイスのおかげなのだと改めて感じます。

④最後にご利用いただいてのご感想をお願い致します。
 
娘は、とにかく英語に対して苦手意識が強くて嫌いな科目であると言っていました。しかし、塾に通うようになってからは「嫌い」と言わなくなり、そのうち「苦手」とも言わなくなりました。今では「結構分かるよ」と嬉しそうに話をしてくれます。社会も好きになったようです。
 「もっと点を取らせてあげたい」と話していたと面談の際に山根先生からお聞きしました。先生方の気持ちが生徒に伝わっているからこそ嫌いな科目をなくせるのだなとその時に感じました。
  思い返せば、中学2年生の塾探しは、本当に難しかったです。「最低でも小山台」というフレーズは挑戦的でとても魅力的でした。小山台は今からじゃ無理かなと相談してきた娘に言えたのは

「フレンズアップに入塾して頑張れば無理じゃないかもよ」

でした。
 あの時に入塾できていなかったら、他の塾だったら、合格は難しかったと思います。山根先生には、子どもだけでなく私も親として成長させてもらえたと感じています。本当にありがとうございました。親子ともども、本当に感謝しております。フレンズアップで先生の指導を受けたことはこの先も良い経験として娘の心に残ると思います。

以上ここまで。
大変有り難いお言葉をたくさん頂戴しました。引き続き私も怠ることないよう、勉強し続け、学び続け、多くの方のお力になれますよう努力精進して参ります。
生徒に負けないように!と思えることがこの職のいいところですね。
毎年毎年一緒に成長させてもらえます。

ありがとうございました!

山根良友